経年劣化や通常消耗に伴う原状回復工事は貸主の負担になる

経年劣化や通常消耗に伴う原状回復工事は貸主の負担になる

原状回復工事は基本的には借主の義務であって、自分で搬入したり設置したりしたような家具とか備品類は全て自分の責任で搬出し、元通りの状態にして明け渡さなければなりません。しかし、ここで間違えてはいけないのは経年劣化とか通常の消耗に伴うような原状回復工事は貸主の負担になることです。ここで言う原状回復とは、借主が借り始めたその当時の状態に戻すことを指すわけではありません。たとえ借りていなくても年月の経過とともに劣化したと思われる部分や、借りたことで発生した消耗であってもそれが通常の範囲内と判断できるようなものまで、借り始めたその当時の状態に戻さなければならない理由はないのです。それはいわば当たり前の部分というか、賃貸料に当然含まれている金額であって、もし新品同様にしたいというのであれば、借主にその負担を求めるのではなくて、貸主自身がその賃貸料収入その他のお金を使って賄うべきものだと考えられるからです。

原状回復工事の内容を事前に定義するメリットとは

原状回復工事は基本的に入居前の状態に戻すものであるため、契約時にはあまり問題視しないと言うことも少なくありません。しかし実際に退去する際にはその範囲の解釈でトラブルになってしまうことも多いものです。できるだけその費用を抑えたいと言う使用者と、次に貸し出すために効率的に貸し出すことができるものにしたいと言う家主の認識の違いがその大きな原因となります。 これらのトラブルを避けるためには、契約をする前に原状回復工事の範疇を明確にしておくことが良い方法です。事前にその範疇を明確にすることで、常に原状回復工事の作業や費用を意識した変更を使用者が行うことになり、トラブルを未然に防ぐことができます。 原状回復工事の内容を事前に提示しておくことで、この際に発生する費用をあらかじめ想定することができるのがメリットです。同時に、家主とのトラブルを未然に防ぐことができるため、スムーズに退去することができるようになるのも大きなメリットとなっています。

原状回復工事に関する情報サイト
原状回復工事に関するミニ知識

このサイトでは賃貸物件退去後に施行されることになる原状回復工事について、いくら費用を負担することになるのか関心のある貸主と借主、両者を読者層に想定して役に立つミニ知識を色々な観点から分析したコンテンツを通じて御紹介しています。基礎的な事項ですが、経年劣化や通常損耗は貸主が負担するべきものとされています。オーナーとして通常の利用に伴う劣化や損耗は負担するのが公平といえるからです。どの範囲までの施工が必要なのかも大事な課題です。

Search